医療諮問委員会


Dr. デイビッド・ヒル

創業役員/最高医療責任者/科学諮問委員長

Dr. ヒルは長年に渡り、エッセンシャルオイルを現代の健康習慣の実践のために活用してきました。カイロプラクティック医として、統合医療とエッセンシャルオイルの分野でよく知られています。彼は、世界中の病院や医療施設と共に、エッセンシャルオイルと現代医療の統合の確立を目指しています。また、多くの大学や研究機関を通して、エッセンシャルオイルの使用者のために最新の科学的情報を提供しながら、エッセンシャルオイル科学の教育と発展に取り組んでいます。Dr. ヒルは様々なラジオやテレビ番組に出演し、数々の本や出版物も出しています。Dr. ヒルは時代の最先端に立ち、人々が自分の健康を自身で管理できるように情熱を注いでいます。


ポール・ウインタートン医師

MD

ポール・ウインタートンは認定整形外科医です。彼は1993年にハーバード大学医学大学院にて医学の学位を取得し、1998年にメイヨー・クリニックにて整形外科研修を終了しました。その後、骨・関節障害研究所で肩と膝の再建手術とスポーツ医療のフェローシップを、また、アリゾナ州フェニックス市にて足と足首の再建手術に関するフェローシップを修了しました。 現在、ウィンタートン医師は、米国整形外科学会の評議員を務めています。何年もの間、彼はエッセンシャルオイルと医療の統合および実用化を提唱してきました。 ドテラの医療諮問委員会の一員として、エッセンシャルオイルの基礎科学、細胞生物学、臨床応用を研究しています。彼は伝統的な西洋臨床医学同様、家庭における、エッセンシャルオイルとサプリメントの活用を強く支持しており、特に骨や関節の健康への使用を推奨しています。


デイビッド・ ストイアー歯学博士

DMD、MS、MMsC

デイビッド・ ストイアー博士は、ブリカムヤング大学でラテン研究と化学を学び、優秀な成績で卒業し、ルイビル大学歯学部を優等で卒業しました。その後、ハーバード大学の医学部と歯学部、マサチューセッツ工科大学で、口腔外科と歯内治療の訓練を受け、3年の後、優秀な成績で卒業しました。また、ペンシルバニア大学、オックスフォード、オーストリアのグラーツにあるKLH病院で手術のインターンシップを修了しました。 彼はストイアーマネジメント合同会社およびルミネセントキャピタルパートナーズ合同会社の創設者および共同執行役員です。博士は、フレゼウスメディカルケアが買収した医療研究および医薬品を扱うヘマメトリクス社の執行役員でした。現在、非侵襲型血液検体を検証するトランスアナリティクス委員会に属し、サザン・メイン大学の健康科学・技術委員会の委員です。 ストイアー博士はエッセンシャルオイルを治療に取り入れる新しい方法の研究に積極的に関わっています。


ジェームス・ガイガー医師

MD

ガイガー医師は1986年から麻酔科医として勤務しています。サンフランシスコ大学を卒業し、同地の病院で今は引退した心胸外科医の父親のもと、心臓麻酔を担当していました。 ガイガー医師は2004年からアロマテラピストとして活動しています。きっかけとなったのは、病院内の回復室で看護師が患者の術後の吐き気の防止や手当てのために、エッセンシャルオイルとアロマテラピーを用いたことでした。勤勉な彼は強い興味をそそられ、オイルに関する科学文献を研究しました。そしてすぐに、アロマテラピーの分析、生理学、化学的応用などの科学は、麻酔に類似していることに気づいたのです。彼は手術室の患者を含む多くの人々のために、アロマテラピーを安全に使用できる方法を見つけ出そうと決意しました。 彼は麻酔医としての勤務とともに、患者のケア向上ために委員会に出席したり、病院や手術センターでエッセンシャルオイルの安全な使用について講演やオンラインセミナーを行ったりすることに、多くの時間を費やしています。現在いくつかの医療センター、整形外科病院、手術センターに勤め、エッセンシャルオイルを手術室や回復室に導入しています。


ジョシュア・ヨーガソン医師

MD

ジョシュア・ヨーガソン医師 MD ヨーガソン医師はユタ州ソルトレイク市出身で、耳鼻咽喉科医です。彼はニューヨーク市のコロンビア大学で医学の学位を取得し、ユタ大学で医師臨床研修を修了しました。彼はロサンゼルスの名門ハウスイヤー研究所及びユタ大学で、薬物毒性および聴力回復の研究に携わってきました。さらに、ミネソタ大学で耳外科手術のフェローシップを修了し、現在はノースダコタ州ビスマークのサンフォードヘルスで人工内耳外科医と聴覚バランスの専門家として勤務しています。 過去5年間で彼は代替医療を支持し、エッセンシャルオイルを活用してきました。また、ノースダコタ大学で臨床を教えています。


ジェシカ・ヘルツォーク医師

MD、FAAP、ABHIM

ジェシカ・ヘルツォーク医師 MD、FAAP、ABHIM ヘゾッグ博士は、真の健康を追及する、統合医療の認定医師であり、小児科医でもあります。現在ペンシルバニア州ヨークで医療に従事し、メリーランド、ボルチモア郡で夫と3人の子供と共に暮らしています。彼女はメリーランド大学で学士号、医学博士号を取得し、小児科研修を修了しました。アメリカ国立衛生研究所とメリーランド大学で研究にも携わり、基礎化学の研究に興味はありましたが、病床の新生児や子供たちの治療にあたることに人生の目的を見出したといいます。メリーランド州、ユタ州、ペンシルバニア州の小児科医として働いた経験も持ちます。彼女にとって健康的な生活とは、彼女自身が実践し、家族、友人、患者と彼らの家族、医学生、訓練生、および仕事の同僚に教えるライフスタイルそのものです。彼女はドテラのエッセンシャルオイルを日々使用しています。エッセンシャルオイルは世界中の医療を形作っていく現代の奇跡だと考えています。


ブラニック・リッグス医師

MD

ブラニック・リッグス医師は13年間医療に携わっています。代替医療のトレーニングを受けながら、2001年、ツーソン市にあるアリゾナ大学の医学部を卒業しました。彼は家庭医学を専門にし、アメリカ家庭医学会のメンバーです。彼は現在、ユタ州で活動しており、オイルを自宅で愛用しながら、患者の健康な毎日ために、医療にも活用しています。 リッグス医師は現在ドテラと提携を結んでおり、ホスピスでエッセンシャルオイルを提供するボランティア活動を行っています。


グレゴリー・ウッドフィル医師

D.O.

グレゴリー・ウッドフィル博士は、認定産婦人科委員です。1997年にミシガン州立大学オステオパシー(整骨療法)医学部で医学訓練を修了し、2001年に産婦人科研修を修了しました。ウッドフィル医師は2000-2001年にチーフ研修生に選ばれ、1998-2002年にはミシガン州立大学オステオパシー医学部で医学生に臨床教育を行っています。臨床研修期間を終了後、バージニア大学オステオパシー医学部で女性の健康プログラムを開発し、2001年から2008年まで産婦人科部長を務めました。また、ワイス郡コミュニティ病院の産婦人科部長、ウィルミントン・ヘルス・アソシエイツの産婦人科部長も務めました。彼は現在、ノースカロライナ州ウィルミントンに住んでおり、低侵襲的な処置、高度な腹腔鏡検査、および泌尿婦人科に重点を置く、広範囲にわたる臨床活動を行っています。彼はまた、サウスイースト地区健康教育センター(SEAHEC)の臨床実習生に対して教育を行い、2014-2015年には産婦人科部の年間最優秀教授に選ばれました。 ウッドフィル博士と妻のアシュレイは、イーストコーストオイル社(ECO)を共同で設立し、医療施設や家庭における、エッセンシャルオイルの安全で効果的・発展的な使用方法を研究しています。ウッドフィル博士は、米国にいる多くの医療提供者やドテラ会員の教育を行っています。


私たちはお客様にご満足いただけるサイトを目指しています!

下記のページに関するお客様の貴重なご意見を真摯に受け止め、今後に活かしてまいります。

200残り 文字